FC2ブログ
クレヨンしんちゃんの作者、臼井義人先生のご冥福を心からお祈りします。


マジかよ……まだ51歳って若い方じゃん。
嘘だと言ってほしいです……
かなりのショックを受けています。



私はあまり人に話してないのですが、クレヨンしんちゃんのコミックスは幼いころから全巻集めています。
実を言うとしんちゃんの連載雑誌の方も買ってます。
しんちゃんは小さい頃のテレビ放送からすごい好きで、『オラはにんきもの』とかのテーマソングも口ずさめるくらい好きなんです。
近年は見る回数が減ったものの、映画もテレビ放送の時とかはチェックしてますし、時々時間が合えばテレビ放送のも見てました。
実写映画の製作・放映もしているくらいなので、クレヨンしんちゃんはみんなに愛されてる作品なんだと思っています。

まだ作者も若いから、ずっと作品を楽しむことができると思ってたのですが……
本当にショックです。
生きてて、もっと楽しい作品を読みたかったのに……
多分アニメの方はドラえもんやサザエさんなどと同様、これからはオリジナルで作られていくのだと思います。
だけど、作者の手を離れた作品はどことなく違う雰囲気を出してしまうので何かが大きく変わっていくのだと思います。
多分、オリジナル展開を受け入れられたのは映画版くらいなので、これからは映画以外はもうほとんど見る事がないと思います。
クレヨンしんちゃんは気分が沈んだ時でも自分に笑いを教えてくれた漫画のひとつであり、いつだって面白いと胸を張って言えるような象徴でした。

本当に、残念です。
天国で、徳郎先生とぶりぶりざえもんと会えたらいいですね。

心に残る作品を産んでくれてありがとうございました。

ご冥福、心よりお祈りします。
スポンサーサイト



2009.09.20 Sun l 漫画 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://oddsblog.blog113.fc2.com/tb.php/287-4a3ed2d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)