上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
兄がまんがタイムを購入していた頃に楽しみに読んでいた漫画なのでつい購入。
諸葛孔明はネットでもよく話題になってるけれど孔明の嫁に視点を置いた話がかなり珍しいのではないかと思われます。
私が黄月英を知ったのは小学生時代に読んだ小学三年生という雑誌の池上遼一の描いた諸葛孔明の漫画なんですよね。
(今振り返ると小学生が読む雑誌に連載するタイプの作家にしては大人向けすぎるよな……)

それ以来割と奥さんの存在は覚えていたのですけどなかなか注目が集まらない人なのか目にする機会がなかったんですよね。
くわえてそもそもWIKIで黄月英と検索してもあんまり詳しいこと書いてないので気になってたんですよね。

この作者は他の本でも描いてありますが三国志について造形が深く、また中国の文化についても詳しいようなのでなかなか四コマ漫画と言えどかなり読み応えがあり、購入してしまいました。

人気があるみたいでドラマCDも出てるみたいだしまんがタイム関連雑誌にありがちな一巻しか販売しないパターンには当てはまらないようなので安心して購入してます。

三国志を知らない人でもとっつきやすいと思うのでお勧め。


はよナントカ先生の影ムチャ姫も出してくれ……

孔明のヨメ。 (1) (まんがタイムコミックス)孔明のヨメ。 (1) (まんがタイムコミックス)
(2012/06/07)
杜康 潤

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2015.04.21 Tue l 漫画 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。